フィルハーモニア・ツーリストクラブでは、音楽に関係した旅行以外にハネムーンの手配や欧州のオリジナル旅行も企画しています。


Top Pageへ > 会社プロフィール
   会社プロフィール
| 会社プロフィール | 自分で作る音楽の旅 | 公演チケットの手配 | 音楽ウエディング | 個人旅行の極意 | お客様の声 | リンク | お問い合わせ |


はじめに
音楽旅行のフィルハーモニア・ツーリストクラブにようこそおいで下さいました。
「音楽旅行」が好きなあなた。音楽旅行にどのような期待をしていますか。

「憧れの歌劇場・ホールで生の演奏に浸りたい。」
「自分の大好きなアーティストの演奏会だけを聴きたい。」
「大作曲家の過ごした街で自分もゆっくり散策してみたい。」
「音楽だけでなく、美術館や博物館を訪れてゆったり鑑賞したい。」


などなど・・・、いろいろなこだわりをお持ちだと思います。
でも、いざ音楽ツアーを探してみると、

・やたら高級すぎて料金が高い。
・食事が全部付いてくる。食事ぐらい自由に食べたい。
・好みの演奏会が少ない。
・移動が多くて自由時間がほとんどない。

と、なかなか自分にぴったりのツアーを見つけられない、なんて経験はありませんか。
では、自分で手配してみようと思っても、

・直接現地のチケットオフィスに注文するのが不安である。
・旅行会社にチケットの手配を依頼するが回答が遅く、取消しができない。
・音楽や演奏会に詳しい旅行会社があまりない。

など、苦労の連続。結局、パックツアーで我慢することに・・・
そんなジレンマにとらわれているあなた。ぜひ一度フィルハーモニア・ツーリストクラブにご相談下さい。あなたのオリジナルの音楽旅行をお作りいたします。


代表者のあいさつ
はじめまして。
フィルハーモニア・ツーリストクラブ代表の西蔭邦夫と申します。
1998年にこの会社を設立して以来、たくさんの音楽個人旅行を取り扱ってまいりました。
私がこの会社を始めた経緯をお話したいと思います。少しお付き合い下さい。

フィルハーモニア・ツーリストクラブを設立する以前、私は一般の旅行会社で11年間勤めていました。その旅行会社は、主に海外視察旅行を取り扱っており、私は添乗員として欧州や北米を中心に、世界各地を飛び回っていました。
もともとクラシック音楽を趣味としていた私、添乗でウィーンやザルツブルグなど訪れる機会も多く、肌でクラシックの本場を味わううちに、「このすばらしさを他の音楽ファンにも伝えたい、音楽旅行専門の会社を作りたい」と強く思うようになりました。
周りからは「そんな特殊な会社を作ってもうまくいくはずがない、ましてや個人旅行では手間が掛かって大変だ。」と、ずいぶん言われたものです。
「フィルハーモニア・ツーリストクラブ」という名前は、クラシック音楽好きが集まって音楽旅行の輪が広がることを願って命名いたしました。
そして、少しずつ、確実に音楽旅行の輪が広がる手応えを感じている毎日です。


フィルハーモニア・ツーリストクラブの旅行コンセプト
フィルハーモニア・ツーリストクラブは個人で音楽旅行を楽しみたい人のサポートをさせていただいております。
音楽ファンの方々は「自分の音楽へのこだわり」を持っていらっしゃいます。私たちはその「音楽のこだわり」大切にし、それを実現するために「お客様の要望に沿って、時間と手間を惜しまず」一緒に旅をお作りいたします。
まず演奏会情報から始まり、航空便などの交通・ホテル・チケット手配まで総合的にプロデュースいたします。

では、どのような旅行を取り扱ってきたかを具体的にお話いたします。

現在取扱いが一番多いのは、やはりヨーロッパの音楽旅行です。
音楽旅行以外で多いのはヨーロッパのハネムーン旅行です。
音楽好きカップルには音楽旅行と挙式を組み合わせたプラン「音楽ウエディング」が大変喜ばれております。また音楽抜きでもヨーロッパウエディングは得意分野ですので、是非ご相談下さい。
(ちょっと耳より情報:フィルハーモニア・ツーリストクラブでハネムーン旅行をされたカップルは、現在みなさん夫婦円満なようです。うれしいかぎりです。)

音楽旅行以外に欧州のオリジナル旅行も企画しています。「世界遺産の旅」「イタリア美術の旅」「スイスの山歩き」「ベルギー古城めぐりの旅」「ロンドン楽器仕入れの旅」などがあります。他社では扱えない細やかな手配が喜ばれております。

他にも、ピアノ留学のお手伝い、指揮者やピアニストなどプロ音楽家の旅行手配、
東京芸術大学の先生方の渡航手配などのお手伝いもさせていただいております。

また最近では、女性の一人旅の取扱いも大変増えてきました。
女性の旅をお作りするときに一番考慮するのは安全性です。
特にホテルの選択は重要です。スタッフの質、宿泊客の質、立地条件、料金などを考慮して選ぶようにしています。移動の交通にも夜遅くの到着を避けるなどの配慮をしています。

私どもが何よりも大切にしているのはお客様とのコミュニケーションです。
旅行が確定いたしましたら、航空便の乗り継ぎ方法、ホテル利用の基本、鉄道の利用方法、公演終了後の帰宅方法、万が一のトラブルの対処法などについて詳しくご案内致します。
そして、お客様が出発されてから帰国される日まで24時間態勢でバックアップいたします。

ぜひ、フィルハーモニア・ツーリストクラブで、パッケージツアーでは味わえない自分だけのオリジナル音楽旅行をお楽しみ下さい。


会社概要
名         称 (有)フィルハーモニア・ツーリストクラブ
設         立 平成10年3月2日
資   本   金 1100万円
代表取締役 西蔭邦夫 (一般旅行業取扱主任者)
旅行業登録 東京都知事3-4418 全国旅行業協会会員
住         所 〒185-0021 東京都国分寺市南町2-3-23 サンシャインヒルズ203
TEL:042-320-5171 FAX:042-320-5175
E-mail: philclub@kk.iij4u.or.jp



代表者の音楽プロフィール

楽  器  演  奏  歴
高校・大学オーケストラ時代・・・ホルン
市民オーケストラ時代・・・・・・・・オーボエ
現在・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・バロック合奏団にてリコーダー
(体重に反比例してどんどん楽器が小さくなっていく)




好きなアーティスト
K.ザンデルリング、チェルビダッケ、G.ヴァント、C.クライバー・・・
(大のオーケストラファンです。残念なのは私の好きな指揮者はすでに死去されているか、引退されていること。CDではなく生の演奏が聴きたい。)




海外に行けば舞台総合芸術であるオペラが最高の楽しみ。特に歌劇場は中を見るだけでも感動です。演目は何でもOK、憧れの歌劇場で聴いているだけで満足です。
最近は古楽にはまって静かな安らぎを感じています。できることならライプッチヒのバッハ音楽祭やブルージュの古楽祭で1週間程度ゆっくり滞在(昼間からワインを飲んで)してみたいと思っています。
オーケストラはもちろん、歌劇・声楽・器楽なんにでも感動します。ともかく美しく物悲しい旋律が大好きです。
私の葬式ではモーツァルトのクラリネット協奏曲の第2楽章をBGMで流すように妻に言ってありますが、いつも嫌な顔をされます。





ウィーン国立歌劇場
代表取締役西蔭邦夫
ハルシュタット湖の風景
代表者音楽プロフィール



ページのトップへ戻る
| 会社プロフィール | 自分で作る音楽の旅 | 公演チケットの手配 | 音楽ウエディング | 個人旅行の極意 | お客様の声 | リンク | お問い合わせ |

TEL:042-320-5171 FAX:042-320-5175
東京都知事旅行業登録第3-4418号
一般旅行業取扱主任者 :西蔭邦夫
Copyright (C) 2005 Philharmonia Tourist Club All rights reserved.