個人旅行は「自分ペースの楽しさ」と「自己責任・自己判断」が表裏一体となった旅です。早め早めに余裕を持って行動しましょう。


Top Pageへ > 個人旅行の極意
   個人旅行の極意
| 会社プロフィール | 自分で作る音楽の旅 | 公演チケットの手配 | 音楽ウエディング | 個人旅行の極意 | お客様の声 | リンク | お問い合わせ |

添乗員付きの団体旅行と異なり、個人旅行には「自分ペースの楽しさ」と「自己責任・自己判断」が表裏一体となった旅です。
今まで個人旅行を経験された方の中から海外での様々なトラブルやアドバイスをまとめてみました。


個人旅行の基本は余裕と確認にあり
大きなミスはあせりから。
集合場所や大事な音楽会会場などは時間に余裕があれば下見をするか早めに着くようにしてみましょう。地図上では分かっていても実際に出かけてみると迷った人は結構います。駅や空港に行くのも同じです。大きな都市になると駅は複数あるし、空港もターミナルが分かれています。初めての場所では、要所で聞く(確認する)ことが大事です。簡単な英語で大丈夫ですから積極的に試してみましょう。
何事も余裕を持って早め早めに行動すれば、ミスに気づいても取り返しができます。


近づいて来る人に、まともな人はいない
男も女も子供でさえも、あなたに近づいてくるのは目的があるからです。一人で近づいてきても必ずバックにはこわいお兄さんがたくさん隠れていますから要注意。特に日本語で話しかけてくるのが一番怪しい。「かまわない」「かかわらない」のがベストです。
警察を装った犯罪も多くなっています。街を歩いていて警官に呼び止められること自体不自然ですから、毅然とした態度で対応して下さい。


頭痛・腹痛は休めの合図
個人旅行は知らない土地で気を張り詰めて歩くことが多いので、気が付かないうちにだんだん疲れも溜まってきます。特に一人旅の場合、2-3日経った頃お腹の調子が悪くなったり微熱や風邪のようなだるさを感じてきたりすることがあります。もしこのまま無理をすると体を壊しかねません。このような「お疲れ」サインが出たら迷わず休みましょう。

個人旅行は良くも悪くも「マイペース」ですから、観光中でも無理をせずお休みタイムを多く取るよう心がけましょう。街中や美術館などのカフェを利用して、足を休ませると共に水分補給や甘い物などで元気を取り戻しましょう。


不安とホームシックの前半、自信に満ちた後半
自由気ままがうれしい個人旅行ですが、一人旅の場合はしばしば孤独に陥りやすいもの。言葉が分からず自分の伝えたいことが思うように伝わらない苛立ち。
人も信用できない・・・など、最初の2日間は何となく憂鬱になったことはありませんか。 早く気持ちを切り替えましょう。「多少の失敗はしょうがない。なんとかなるさ」「せっかくここまで来たんだから、楽しんで帰ろう。」
居直りができたらこっちのものです。それからは行動派に大変身、個人旅行の自由を楽しんで下さい。


個人旅行の極意
個人旅行の極意

個人旅行

電話ボックス 街の女の子

レストラン
夜9時以降は街の雰囲気が一変する
夜9時以降の街には表通りであっても商店の光が消え人影がめっきり少なくなってきます。代わって酔っ払いやホームレス・怪しい薬を売るお兄さんが目に入ってきます。
男性でも怖いと感じると思います、夜の一人歩きはなるべく避けましょう。
演奏会などでの帰宅はなるべくタクシーを利用するか、最初から安全に歩いて帰れるホテルを選択しましょう。


大事な物はスーツケースに入れない
最近多いのが航空便の乗り継ぎトラブルによるスーツケースの紛失(業界用語ではLost Baggage)です。これに巻き込まれるとちょっと面倒です。
まず空港でのレポートを作成するのに手間と時間を費やし、スーツケースが宿泊のホテルに届くのは早くて翌日、平均で3日はかかります。
スーツケースがなくなって困る物(毎日服用する薬・演奏会チケット・移動の鉄道パス)などは必ず手荷物にして携行して下さい。


常にベストテン入り、スリと置き引き
スリと置き引きは世界中どこでも存在します。スリは混雑している電車・バスに多く、置き引きはホテル・鉄道駅での被害が多いようです。
ホテルのビュッフェ形式の朝食で食事を取りに行ったスキにバッグを盗られるケースやホテルにチェックアウトの手続きをしている間に重たいスーツケースが無くなっていたこともあります。
自己責任の世界ですから、取られる方が悪いような目で見られて悔しい思いをされた方も多いと思います。
犯罪者は必ず複数で行動し、狙いを定めてきます。狙い目は「弱そうな人で、何かに気を取られている状態」です。貴重品は必ず身体に密着させて、盗られにくい工夫が必要です。


クレジットカードの盗難にすぐ対応できますか
クレジットカードは世界中で利用でき大変便利です。ホテルの宿泊保証にも利用されます。
カード利用の際は本人の署名がないと使えないと思っている方は多いと思います。
ところが、盗まれるとすぐに簡単に利用されてしまいます。被害額も数十万になることが多く、現金を盗られるより被害が大きくなることがあります。
盗まれた(又は紛失でも)と分かったらすぐにカード会社の緊急連絡先(24時間対応)へ利用停止手続きをしましょう。その際、カード番号をどこかへ控えておくと便利です。


食事は大切。ファーストフードでは体が持たない
個人旅行ではレストランに入っての食事が面倒だと思う人が多いようです。
「メニューが分かりにくい」「時間がかかる」「チップが面倒」というのがその理由です。
でも、せっかくここまで来てマクドナルドやケンタッキーでは少々寂しいですね。
もちろん、演奏会前などはファーストフードで済ませる方が早くて便利かもしれません。
できることなら、その土地ならではの食の楽しみも試して下さい。ガイドブックに乗っているのは高級なレストランが多いようですが、庶民的なレストランはあちらこちらに存在します。そういった店は店員も気さくで、値段も割安です。

食べやすさでは、中華料理かイタリアンがお奨めです。この2つはたいていどの街でも見かけます。麺類やパスタ料理がありますので、メニューも分かりやすく日本人の口にも合います。
また、疲れた旅人にお奨めなのが温かいスープです。食欲が無くても、オニオングラタン・クラムチャウダー・ミネストローネなどは元気の元です。
肉料理や魚料理の味付けにご不満の方は市販の「ミニしょうゆパック」が便利です。
但し、この頃ではレストランに「ソイソース」として備わっている店も多くなっています。


トラブルに遭ったら領収書は取っておこう
航空機のトラブルで予定外のホテルに泊まることになったり、スーツケースの紛失で化粧品や衣服を購入することがあります。そんな時は冷静に、支払った費用(タクシー代・食事代・生活用品など)の明細と領収書は保存しておきましょう。
確実に保証されるものではありませんが、海外旅行傷害保険や航空会社への請求が可能になるケースがあります。


便利な海外携帯電話
個人旅行者には心強い味方が海外で利用できる携帯電話。
最近では通話料金もかなり安くなって、メールも利用できるので利用者は増加しています。
旅行中のアクシデントもこれがあれば慌てることなく各方面に連絡することができます。
今現在利用している携帯電話会社に相談すればその旅行に適したプランを示してもらえます。また事前に携帯レンタルを予約して、出発空港で受け取るサービスもあります。





ページのトップへ戻る
| 会社プロフィール | 自分で作る音楽の旅 | 公演チケットの手配 | 音楽ウエディング | 個人旅行の極意 | お客様の声 | リンク | お問い合わせ |

TEL:042-320-5171 FAX:042-320-5175
東京都知事旅行業登録第3-4418号
一般旅行業取扱主任者 :西蔭邦夫
Copyright (C) 2005 Philharmonia Tourist Club All rights reserved.